子役オーディションに強くなる講座【子役を目指す人必見】

チャンスを逃さないために

子供はみんなかわいいです。そのため、我が子を芸能界に入れたいと思うのであればコツや作戦を得ておく必要があります。それらを学んで、チャンスをしっかり掴みましょう。

オーディションの際に心がけることランキング

no.1

元気よく挨拶をする

芸能オーディションでなくても、社会に出るにあたって挨拶はとても大切です。それは子役も同じことが言えます。だからこそ、オーディションには元気よく挨拶をするという基本が守れている人がやはり好印象を持たれるのだそうです。

no.2

睡眠をしっかりとる

オーディションでは、元気さや態度なども見られています。緊張のせいで眠れなくなって、睡眠不足でオーディションに臨んでは本来の力を出しきれない可能性が高くなるとの意見もありました。そのため、オーディションの前日はしっかり睡眠をとっておくことが不可欠です。

no.3

早めの行動が吉

社会人として当たり前のことですが、時間を守ることはとても大切です。確実に時間に間に合うためにも、早めの行動が吉になるようですよ。早めに準備をしたり、現場に到着をしたりしておけば、準備不足なくオーディションに臨めるでしょう。

子役オーディションに強くなる講座【子役を目指す人必見】

子供

オーディションのタイプ

オーディションには2タイプあります。1つめは芸能事務所のオーディションで、2つめは作品出演のためのオーディションです。子役の場合はまず事務所所属のためのオーディションを受けることも多いでしょう。

オーディションに受かるコツ

子役のオーディションであれば、子供らしさが重要視されるでしょう。そのため、変に大人を気取ったりしなくて良いことを覚えておく必要がありますね。また、芸能界は多くの人達と関わっていくため、人見知りしない子供がチャンスを掴みやすいかもしれません。

標準語を身に付けておくといい

子供のうちから標準語を覚えさせるのは大変なのではと思うかもしれません。しかし、大人になっても芸能界や役者として活躍してほしいと望むのであれば標準語を子供のうちから教育しておくことが大切です。

子役オーディションの流れ

まずは受けたいオーディション選びから

受けるオーディションによっても、今後の未来に関係していきますよね。だからこそ、オーディション選びは慎重にしておきましょう。また、将来像を明確にしておくと的を絞ったスムーズな選び方が出来ます。

応募から受付

受けたいオーディションが決まれば早速応募しましょう。受付の手順は指定を守って行います。書類審査があるところも多いので、子供の写真をあらかじめ撮影しておくと良いでしょう。

説明を受ける

オーディション当日には、まずオーディション内容の説明会が行なわれるでしょう。しっかり何をするのかを聞いていないとオーディションに臨めないので、聴き逃しのないように気をつけます。

面接&カメラチェック

面接が開始されます。この時にカメラに撮られていることを頭に入れておきましょう。そのため、面接官との言葉のやり取りや身振りなどに失礼がないように心がけることが大事です。

実践のテスト

オーディション本番が始まります。一般的に団体の実践テストが多いです。そのため緊張せずに、リラックスして自分の実力を出すようにすると良いですね。

広告募集中